ヘルシーランド“指宿”としての核を目指し、病気予防・寝たきり予防を柱としたサービスであなたの健康を強力にバックアップ致します
 
 
CONTENTS
お知らせ
 理念と基本方針
 南記念クリニック
 ・生活習慣病,メタボリック症候群
 ・診療案内
 ・スタッフ紹介
 ・院内案内
健診・THP
通所リハビリテーション
訪問看護
介護保険のご相談
 ・介護認定の流れ
グループホーム
ケイユウスポーツクラブ
 ・施設紹介
 ・プログラム紹介
みなみ歯科
 ・院長挨拶、院内紹介
 ・医院の特徴
交通のご案内
個人情報保護について
問い合わせフォーム
おすすめリンク集
『健康増進企画部の活動と問題点』
HOME



理念と基本方針

ごあいさつ

医療の役割は第4番目です。

健康づくりにとって大切なのは

1.運動
2.栄養(食生活改善)
3.禁煙
4.医療(薬や注射その他の治療)

南記念クリニックおよび圭裕会グループはそう考えています。

日本は健康寿命世界一と言われるその陰で出生率の低下、人口の高齢化が急速に進行しています。65歳以上の高齢者は2020年には4人に1人、2050年には3人に1人になると予測されています。働き世代および子どもはどんどん少なくなる一方、介護を必要とするお年寄りが急激に増加し、将来病気や介護による経済的負担が極めて大きな社会になると考えられています。このことは社会保障制度をはじめとして国の根幹に関わることであり早急な対策が必要とされています。

こうした中、食の欧米化や、運動不足、喫煙、飲酒、睡眠不足、ストレス過多などがもたらすがん、脳卒中、心臓病など生活習慣病による死亡者は全体の6割に達しています。この生活習慣病関連の医療費は年間7兆5000億円と推計されており、これをどうやって抑制していくかは待ったなしの状況です。このような背景から我が国では『健康日本21』という国民の健康づくり運動が2000年にスタートしました。

この「健康日本21」運動は2010年をゴールにして、がん、糖尿病、心臓病、歯の健康のほか食生活、運動、心の健康、喫煙、飲酒の9つの分野にそれぞれ目標を設定して、本人だけでなく社会全体で目標を達成していこうというものです。

これまで私たちは病気になったらいい病院を選んで治療する、あるいは病気を早期に発見して早く治すといった二次予防、三次予防が主流でした。しかし、従来の「健診」が担っていた二次予防では限界もあり、今後の医療費や介護費の伸びを抑制するという観点からも一次予防、つまり病気にならないための身体づくり、生活習慣に関心が移りつつあります。

医療法人圭裕会グループは、こうした時代のニーズに応えるために早くから予防事業に力を入れ、鹿児島では初めての運動療法、健康増進施設「ケイユウスポーツクラブ」を立ち上げました。またこのほか健診事業、なかでもTHP(トータル・ヘルス・プロモーション)では事業所ぐるみの健康づくりの支援を行い、文字通り運動(身体活動)、栄養(食生活)、休養(心の健康づくり)の3分野でトータルに健康づくりを追求してまいりました。

さらに、圭裕会グループでは病気予防だけではなく、寝たきりにならないための介護事業として通所リハビリテーション、居宅介護支援事業所、グループホームなど介護保険関連の事業も行っております。

これからも地域社会のニーズを真摯に受け止め、より地域に密着し、気軽に声をかけていただける存在として、温泉保養都市を宣言する指宿市の健康づくりの拠点としてさらに精進してまいりたいと思っておりますのでますますのご支援をお願いいたします。

医療法人圭裕会グループ 理事長 南 幸弘

   
〒891-0401 鹿児島県指宿市大牟礼三丁目24-15
Tel. (0993)23-3730 Fax. (0993)22-6625
E-mail:y-minami@11hospital.com